省エネ投資だけでコストダウンが 実現しない5つの理由

 

 

 

logo-trans.png

法人税が10%税額控除

下記の内容のいずれかに該当する設備投資をお考えならば、即時償却、または税額控除を受けられる可能性
があります。

詳しい内容をお知りになりたい方はメールアドレスをご記入の上送信ボタンをクリックしてください。

該当する設備投資の内容

  • LED 照明取り換え工事
  • 自家消費用太陽光発電設備工事
  • OA フロアーリフォーム工事
  • 事業用蓄電設備設置工事
  • 事業用電気自動車の充電・給電設備工事
  • 省エネ型空調設備工事
  • 各種省エネ・節電システム設備工事

いずれの工事も新規取得費用 160 万円以上で、商品またはサービス提供開始から10年以内の設備への投資が条件。

 

Main Menu